今後の発表予定

9月11~14日 ICANN 2012 (スイス)
投稿していた論文が国際会議に無事アクセプト。
報酬期待値を最大化する意思決定が、MPE計算で近似できることを
理論的考察と計算機実験で確認しました。
この結果は、運動野も感覚野も、MPE計算という同一のアルゴリズムで
動作している可能性を示唆しています。
論文を web に載せました。)

10月25、26日 産総研オープンラボ (つくば)
「大脳皮質の性能を再現する機械学習アルゴリズムの実現に向けて」

11月7~9日 IBIS 2012 (東京)
「大脳皮質ベイジアンネットモデルにおける認識・学習の線形時間アルゴリズム」
というようなタイトルでポスター発表すべく検討中。

11月人工知能学会合同研究会 SIG-FPAI ベイジアンネット特集 (東京 日吉)
IBIS とは少し違った内容で発表を検討中。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)