スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳とコンピュータとの違い

「脳とコンピュータとの違い」という文章を書いてみました。
( 2011-07-08 追記:
はてなブックマークで 500users 以上の反響をいただきました。
どうもありがとうございます。

はてなブックマーク - 脳とコンピュータとの違い

計算機科学、神経科学の専門の方からのコメントも常時お待ちしております。)

脳と現状のコンピュータは、計算モデル、アーキテクチャ、
アルゴリズムなどいろいろな観点からみて違いがあります。

はたしてコンピュータの上で脳と同じ機能は実現できるのでしょうか。
実現を難しくする要因として何が考えられるでしょうか。


◆計算モデルの違い
計算する機械を数学的に抽象化したものを計算モデルと呼びます。

チューリングマシンは計算モデルの1つです。

チューリングマシンとは数学的に異なる計算モデルとしては、
例えば非決定性チューリングマシン、
(理想的な)アナログコンピュータ、量子チューリングマシン
(量子コンピュータのモデル)があります。

これらはチューリングマシンよりも強力だったり速かったりします。
さて、「脳の計算モデル」はチューリングマシンと等価でしょうか、
それともより強力だったり速かったりするのでしょうか。

[ 続きはこちら: 「脳とコンピュータとの違い」 ]

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。