脳とBSS(ブラインド信号源分離)

「脳とBSS(ブラインド信号源分離)」という文章を書いてみました。


脳が網膜に映った画像だけから外界にある「実在」そのものを
鮮やかに認識できる秘密、
それはおそらくBSS(blind source separation, ブラインド信号源分離)です。

BSSとは、センサーの観測データから、その原因となる「信号源」を
推定するという、手品のような技術です。
手品にはタネがあります。「事前知識」というタネです。
タネが必要にはなるものの、
BSSは、うまくいけば驚くほどの効果を発揮します。

大脳皮質の各領野は巧妙な方法でBSSを行っているようです。
大脳皮質がBSSを行う方法を深く知ることは、
既存の情報処理技術の限界を打ち破る強力なヒントになります。


◆一見、解けそうにないBSS
BSSという問題は手品のタネがないと解けません。

BSSがなぜ一見解けそうもない問題に見えるのかを、
もっとも簡単な線形の例で説明します。

[続きはこちら : 「脳とBSS(ブラインド信号源分離)」]

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)