新部門

私が所属していた産総研の脳神経情報研究部門は、
この4月から人間福祉医工学研究部門と統合され、
ヒューマンライフテクノロジー研究部門という名前になりました。

いままでは「大脳皮質の情報処理原理を解明しその機能と性能を人工的に再現する」という研究テーマは、
その重要性は自明なものとしてすんなり承認されてきました。
しかし新部門の人たちには実現可能性も実現した場合の有用性も理解されず、めんくらっております。(^_^;)

30分や60分のプレゼンで理解できるほど単純な話でないことは
私が一番よく知っているので、まあ時間をかけて説得していくしかないでしょう。

しかし「研究中止」の憂き目にあう危険性は高まっておりますので、
皆様のご支援よろしくお願いいたします。

匿名でもかまいませんので、コメントや感想などを残していただければ幸いです。
素朴な疑問や批判的なコメントも大歓迎です。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)