減速した1人あたりGDPの加速ペース

下記ブログで、21世紀は20世紀よりも進歩が加速しているとは言えないのではないか、と書かれています。
収穫加速の法則批判 「減速する加速」 - シンギュラリティ教徒への論駁の書

その主張には私も同意で、それを裏付けるもっと明確な証拠があります。

科学技術の進歩は労働生産性を向上させるので、
1人あたりのGDPが科学技術の水準の客観的な目安になると思います。
では、1人あたりのGDPはどのように増えてきたでしょうか。

例えば下記ページに、 1600-2003年の1人あたりGDPの推定値の推移のグラフがあります。("World Per Capita GDP" というグラフ。)

Charting Historical Global Per Capita GDP - Kruse Kronicle

1800年から1975年の間は、すさまじい勢いで加速しています。
ざっくりいって、 1800->1900->1950->1975 というふうに、値が倍になるまでの時間が半分になっていき、双曲線的な(あるいはそれ以上の)ペースで増えています。
もしその加速ペースが続けば 2000年ごろに値は無限大になります。

しかし実際には、 1975 ごろ以降は加速しなくなり、
だいたい直線のペースでしか増えなくなったようです。

1人あたりのGDPの両対数グラフは下記ページの下の方にあります。
こちらもご覧ください。現在から数十年前にグラフの傾きが大きく減っています。
Estimating World GDP


人口増加の減速と1人あたりGDPの減速があまりタイムラグなくほぼ同じころに起きたというのは、意外でした。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)