近況報告&望まれる人材

大型予算獲得のお手伝いなどいろいろなお仕事で、
なかなか研究できないです。

BESOM の条件付確率表のモデルを見直して実装はしましたが、
アルゴリズムの近似の補正やハイパパラメタの調整などが
まだ必要そうで、中断中。
従来の条件付確率表モデルではスパース符号化がまともに動いていなかったけど、
怪しげながら動いてきたので、そこは進展。

時間の合間に全脳アーキテクチャの全体像の詳細化について考えていて、
10野周辺や海馬周辺についてそこそこ進展。

前頭葉の階層型強化学習の設計は1年以上中断中。

BESOM と時系列学習との統合や、言語野のモデルも具体的に進めたいが、
ほとんど手つかず。

こういう内容の仕事ができる人は、
いろいろなところで意欲と能力をアピールしておいてください。(^_^)

機械学習と神経科学の両方の分野の論文を批判的に読める人が望ましいです。
そこまでは難しい場合でも、
異分野の専門家に適切に質問していろいろ教えてもらえる程度の
基礎知識を持っていることが望ましいです。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)