「世界一簡単な構造の電車」の仕組み

きょうも頭の体操。

たった3つの小道具で遊べる「世界一簡単な構造の電車」が海外で人気に(動画):らばQ

コイルに電流が流れて電磁石になるところから先の
原理が分からなかったのですが、
Youtube のコメント欄に書かれた作者コメントによると、
電池の両端につける磁石の向きがポイントだそうです。

つまり、

N-S 電池 S-N

こういう物体が

 NmmmmmmS

こういう電磁石の中に入っているわけですね。
あとは N と S が引き合い、 N と N 、 S と S が反発することで
中の物体が前に進んでいきます。
電流が流れて電磁石になる区間もそれ合わせて進みます。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)