スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(11/10)第8回 全脳アーキテクチャ勉強会「時系列データ」 予告

第8回 全脳アーキテクチャ勉強会の予告です。

全脳アーキテクチャ勉強会では、毎回脳の機能の一部に注目し、
神経科学、機械学習などの関連分野の専門家をお呼びし、
脳の機能の実現方法の何がわかっていて何がわかっていないかを
明らかにしていきます。

今回のテーマは「時系列データ」です。

認知科学、計算論的神経科学、機械学習の分野から講師をお招きし、
脳が時系列データをどう扱うのか
また現状の機械学習技術は時系列データをどう扱うのかを
それぞれお話しいただき、
相互に知見を補間し合うことを目指します。


2014年11月10日(月) 夜6時ごろから9時ごろまで(そのあと懇親会)
東京 リクルートホールディングス本社(グラントウキョウサウスタワー) 180名の会議室
「アクセス | リクルートホールディングス - Recruit Holdings」
http://www.recruit.jp/company/about/office.html
参加費:無料(事前登録サイトは準備中です)

テーマ:「時系列データ -脳と機械学習技術は時間をどう扱うのか-」(仮)

「開催趣旨説明」
産総研 一杉裕志

「脳の時間順序判断(仮)」(認知科学)
山口大 時間学研究所 宮崎真先生

「小脳と liquid state machine(仮)」(計算論的神経科学)
電通大 山崎匡先生

「ディープラーニングによる時系列学習(仮)」(認知ロボティクス、機械学習)
早稲田大 尾形哲也先生

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。