スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高い知能を持ったロボットは危険物であり武器

映画等のおかげで人工知能の危険性が話題になるようになってきました。

一般に技術の危険性には、
偶発的な事故(故障や暴走)と人為的な悪用の2種類があると思います。
両方の危険性を減らすためには、
高い知能を持ったロボットは潜在的に危険物であり武器であるという認識のもとで、
開発・製造・保持に対する相応の規制が行われるべきだと思います。

5月のJSAIの汎用人工知能セッションでの発表およびパネル討論では、
その話も少ししたいと思います。

jsai2014:2C5-OS-22b オーガナイズドセッション「OS-22 汎用人工知能とその社会への影響 (2)」

どこか特定の組織が技術を独占してしまう危険性に対して、
日本人の危機感が薄いことは常々問題だと思っています。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。