スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大脳皮質とチャートパーサの類似性

言語の獲得は、ヒトの知能を劇的に向上させた要因の1つとも言われている。
脳の言語野の機構を解明することは、高い知能を持った機械を実現する上で
避けて通れない重要な研究課題である。

(ベイジアンネットを使った言語野のモデル構築の研究をやってみたい
という方はご連絡ください。)


◆大脳皮質のブローカー野
ヒトの脳の中にある言語野の1つ、ブローカ野は文法理解に
関係すると言われている。

ブローカー野も大脳皮質の領野の1つであるから、
他の領野と同様に、大脳皮質の認識・学習の基本原理にしたがって
動作しているだろうと推察される。

ブローカー野の構文解析アルゴリズムのモデルの候補として
私が注目しているのがチャートパーサである。

チャートパーサと大脳皮質にはいくつかの類似点がある。
続きはこちら:「大脳皮質とチャートパーサの類似性」

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。