スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍「ベイズ統計学概説―フィッシャーからベイズへ」

東京大学名誉教授、聖学院大学教授の松原望先生の書籍が出ました。

Amazon.co.jp: ベイズ統計学概説―フィッシャーからベイズへ: 松原 望: 本

ベイズ統計学について、根底の部分からしっかりと分かりやすく書かれています。
事前分布の選び方について書かれているあたりを
さっそく読んでみましたが、とても分かりやすく勉強になります。

実はこの本の囲みコラムで、「大脳皮質はベイジアンネットである」という
私のモデルを紹介していただいています(p.131-132)!

松原先生とは研究会でお話ししましたが「脳がベイズを使っているというのは
とても納得のいく話です」とおっしゃっていました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。