スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイジアンネットと大脳皮質の共通点

・ ヘブ則学習。
・ 認識時にトップダウンとボトムアップの双方向に情報が流れる。
・ 結合を通した局所的な情報のやり取りだけで認識アルゴリズムを実行可能。
・ ベイズ理論に基づいている。
・ ネットワーク構造に関する事前知識を与えることで性能を上げることができる。
・ 認識に必要な計算量が少ない。

これほど強い類似性があるわけですが、この主張を納得するには、ベイジアンネットと脳の両方の専門知識が必要です・・・。現状ではそういう研究者は極めて少ないと思います。

大脳皮質とベイジアンネットの強い類似性に気付いた研究者は過去に何人かいるようですが、私のように近似したりSOMと組み合わせたりと踏み込んだ研究をした人はいなかったようです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。