スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Word や PowerPoint が XKeymacs の C-k で落ちる問題の回避策

昨日、xkeymacs でコピーやペーストをすると Word や PowerPoint が落ちる問題の回避策を書きましたが、
XKeymacs のオリジナル版の作者大石さんから C-k についても
回避策を教えていただき、
XKeymacs 64bit 版(xkeymacs-110830)、 Windows 7 64bit, Office 2010
で動作確認しました。


まず dot.xkeymacs に下記の2行を追加します。
(dot.xkeymacs は、 xkeymacs を展開したフォルダの下の etc の下にあります。)

(fset 'sample-kill-line [?\S-end ?\C-w])
(fset 'sample-kill-line-4-word [?\S-end ?\S-left ?\C-w])


XKeymacs を再起動した後、
XKeymacs のプロパティダイアログで、
コンボボックスで PowerPoint などを選択した後、
詳細タブで
カテゴリ "オリジナルコマンド" のコマンド "sample-kill-line-4-word" に
C-k を割り当てます。

行末で C-k を押しても次の行が消えないなど細かい違いはあるものの、
安定して動作してます。すばらしい!

ちなみに "sample-kill-line-4-word" というコマンドは、
Word や PowerPoint で行末にある改行記号を消してしまわないように、
行末から一文字戻ってから削除する仕掛けのようです。

行末に改行記号がないアプリケーションの場合は
"sample-kill-line" の方を使ってみてください。


それからついでに、
Eclipse で C-k が効かなくなることがある問題も直らないかと思い、
"sample-kill-line" を C-k に割り当ててみました。
どういうわけか C-k を2回押さないと消えてくれないようです。
なぜだかはわかりませんが、 C-k が使えないよりましなので
これでしばらく使ってみます。
スポンサーサイト

xkeymacs でコピーやペーストをすると Word や PowerPoint が落ちる問題の回避策

xkeymacs は、 Windows 上のすべてのアプリケーションで
Emacs ライクなキー操作を可能にする、私にとっては必需品のフリーソフトです。
「XKeymacs」
http://xkeymacs.sourceforge.jp/

PowerPoint 2010 から使えるようになった数式エディタと xkeymacs の
相性もばっちりで、すごく作業効率が上がって助かります!!

非常に完成度の高いソフトなのですが、
Word や PowerPoint などの Office アプリケーションで
C-w, M-w, C-y, C-k などで激しくコピーアンドペーストすると
アプリケーションが「動作を停止しました」となってしまうことがよくあります。

この問題に対して、
3年ほど前に xkeymacs メーリングリストで作者の大石さんがお書きになった下記の回避策が
xkeymacs 64bit 版(xkeymacs-110830)、
Windows 7 64bit, Office 2010 という環境でも有効なことを確認しました。

ネットで検索してもこの回避策は出てこず、困っている人もいるようなので、
ご本人の許可を得て回避策を転載いたします。
知らなかった方はぜひお試しください。

2013-05-09 追記:
C-k 以外については、プロパティダイアログでアプリケーションを選択したあと
単に kill-ring-max を 0 に設定するだけで落ちなくなるそうです!
(藤枝さん、どうもありがとうございます!)
まずはこの方法をお試しください。



>根本的な解決策ではないのですが、下記の手順で回避できるかと思います。
>
>- PowerPoint を起動
>- タスクバーのステータス表示領域にある XKeymacs のアイコンをダブルクリックする
>=> XKeymacs のプロパティダイアログを開く
>(以下、XKeymacs のプロパティダイアログにおいて)
>- コンボボックスで Microsoft PowerPoint (POWERPNT.EXE) を選択する
>- "独自の設定を使用する" ラジオボタンをチェックする
>- 詳細タブを開く
>- カテゴリ "その他" にあるコマンド Cut を選択
>- "新しいショウートカットキーの入力" エディットボックスで C-w することで
>Ctrl+W を入力
>- "割り当て" ボタンを押す
>- "適用" ボタンを押す
>- 必要に応じ、Copy (Alt+W) や Paste (Ctrl+Y) についても同様に割り当てる
>
>これにより、C-w などの際に XKeymacs がクリップボードに手を触れず
>シンプルにアプリケーションが持つコピーの機能を利用するようになるので
>動作が安定すると思います。

Word なども必要に応じて同様に設定する必要があります。

なお、 C-k はこの回避策が使えません。
私は間違って押さないように C-k を無効にしました。

C-k の回避策も書きましたのでそちらもご覧ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。